めっき・表面処理加工会社 明光工業

自動ラック

加工設備 - 第1工場

自動ラックライン

 当ラインは7基のキャリアと2基のトラバーサをコンピュータ制御により運行させ、7種類のめっき作業を随時、任意に処理することができる、ダイヤグラムレスのフレシキブルな自動めっきラインです。キャリアはお互いに連携しつつ、もっとも合理的に作動し、めっきを完成させます。各処理槽の温度や浸漬時間、電解のための電流量はコンピュータがコントロールします。ドリップパンの作動、薬液の自動供給、処理液の濾過と攪拌、キャリアバーの自動洗浄、処理の優先順位の設定、強力な排気と排ガス中和など、随所に品質の安定化と作業環境の浄化を実現しています。

処理最大寸法巾3000×高さ1000×奥行400 (mm)
めっき仕様亜鉛(3価クロメート)、無光沢スズニッケルクロム
銅-無光沢スズ、銅-ニッケル

swfu/d/002.jpg

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional